1000年の歴史の町、プラハ歴史地区

プラハ歴史地区は1000年近い歴史をその街並みに残す世界遺産です。その街並みはロマネスク建築から近代建築までの各時代の建築様式の並ぶ「ヨーロッパの建築博物館の街」ともいわれています。

ヨーロッパの文化の中心地、その発展と没落

プラハは6世紀後半にスラヴ民族により集落が形成されていました。9世紀にはプラハ城、10世紀にはヴィシェフラト城が建設されます。その二つの城に挟まれた場所に街が作られて発展していきました。しかし、プラハはその後度重なる戦乱に巻き込まれますが1346年にカール4世が神聖ローマ帝国の皇帝になるとプラハは神聖ローマ帝国の首都になりました。その際にプラハ城の拡張やカレル大学の創立、カレル橋の建設などの市街地の整備が

行われ当時のヨーロッパ最大の都市になるほど発展していきました。その発展ぶりは「黄金のプラハ」と呼ばれるくらいでした。16世紀にはルドルフ2世という芸術や文化を愛する王が現れ、プラハはヨーロッパの文化の中心地となります。これらの文化や建築物は今でも見ることができます。しかし、その繁栄も終わりを告げます。三十年戦争と呼ばれる新興宗教勢力とカトリックに分かれた国々の戦争が起き、カトリックは敗北。カトリック側についていた神聖ローマ帝国は敗北しプラハから王宮は移転、人口は激減しました。さらにチェコ語の使用禁止や宗教や文化弾圧を受けることになります。これにより2世紀にわたってチェコ民族独自の文化は失われました。

独立と紛争

18世紀になってフランス革命などの影響もあり民族独立の運動が高まります。第一次世界大戦が終わるとチェコスロバキア共和国として独立を勝ち取りました。しかし1938年にはヒトラー率いるドイツに占領されます。第二次世界大戦がはじまると連合軍の爆撃やソビエトの侵攻により多くの死傷者と共に歴史的建造物に被害が出ました。

第二次大戦後は社会主義国のチェコスロバキアの首都になります。しかし「プラハの春」と呼ばれる改革運動がおこり民族紛争にまで発展。改革派は激しい弾圧を受けましたが1989年に共産党政権は崩壊、1993年にチェコとスロバキアに分離したことにより暗い歴史に終止符を打ちました。

1000年の歴史の町

このような激しい弾圧と戦乱を乗り越えてきたプラハは、大きな大戦や経済発展を経験するもその古くからの街並みを今に残しました。街を一望できる場所に立てば赤い屋根の街並みが広がります。多くの歴史的建造物も作られた当時のままで旧市街広場にはゴシック様式とバロック様式の教会からプラハを代表する天文時計を見ることができ、ヨーロッパのあらゆる文化が残る街として観光客の目を楽しませています。そしてなんといっても夜はプラハ城のライトアップがお勧めです。世界一の大きさを誇る城の姿にはきっと息をのむでしょう。

プラハはとてもロマンチックな街ですので、異性との旅行先としても外れることはないでしょう。夜のプラハ城を眺めていれば夜も盛り上がることは間違いありません。しかし大事な女性とのお付き合い、失敗はしたくないとも思いますよね。そんな時はバイアグラなどの薬に頼ってみてはいかがですか?今はジェネリック医薬品などもありお手頃な価格で購入ができます。旅行に行く際は信頼できるクリニックなどで処方してもらっておくことをお勧めしますよ。あなたも1000年続くヨーロッパ文化の街、プラハをぜひ訪れてみてはいかがですか?

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.