広大な地下都市があるカッパドキア

カッパドキアは、トルコ中央のアナトリアにある歴史的地域です。「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群」の名前で1985年に世界遺産に登録されています。標高1000メートルの場所にあるカッパドキアは火山活動が盛んな地帯で、長年の堆積岩の侵食によって溶岩ドームやギザギザした形の岩などさまざまな奇石が点在しています。謎めいた地下都市や気球、洞窟を利用したホテルなど見どころ満載の地域です。

謎に溢れた地下都市

カッパドキアの魅力の一つが巨大な地下都市です。昔迫害を逃れて洞穴で暮らしていたキリスト教徒たちが作りました。地下で光が全く入らないため保存状態がよく、絵や文字までしっかり残されています。内部は地下とは思えないほど広く、当時ここで暮らしていた人の生活が感じられます。

最大の地下都市「デリンクユ地下都市」は地上85メートルもの深さがあると言われルバ書です。発見されたのは1963年とつい最近になります。住居の他にも、貯蔵庫、食道、礼拝堂や家畜小屋まであります。他にも有名なのが「カイマクル地下都市」です。地下8階、深さ55メートルの大きな都市で、デリンクユとは地下通路で結ばれてます。こちらの地下都市の内部も充実していて、教会、ワイナリー、学校、食料貯蔵庫など様々な施設があります。他にもカッパドキアには数多くの地下都市があり、最近では2015年に新たな都市が見つかりました。まだまだ全貌が明らかになっていない場所です。

上からカッパドキアの奇石を眺められる気球ツアー

カッパドキアには、熱気球に乗るツアーがあります。数億年前の火山噴火によって堆積した火山灰と溶岩層が風雨にさらされて造られた奇石を空から眺めることができるツアーです。

会社によってツアーの流れは違いますが、その中の一つを紹介します。その気球ツアーでは、夜明け前にスタッフがホテルまで迎えに来ます。それから現地に向かい、気球でギョレメ上空まで上ります。空中から奇岩や渓谷、ウチヒサルの城塞などの眺めを満喫しましょう。フライト時間は約45分です。終わった後はシャンパンが出され、搭乗証明書をもらえます。帰りもスタッフがホテルまで送ってくれます。

他にもさまざまな会社で気球ツアーを行っています。日本語アシスタント付きのツアーもあるので、言葉がわからない人でも安心です。好きなツアーを選んでぜひ気球を体験してみてください。

宿泊はカッパドキア洞窟ホテルがおすすめ

カッパドキアには石を掘って造られた変わったホテルがたくさんあります。ミュージアムホテルやガミラス・ケイブ・ホテル、ユナック・エヴレリなどが有名です。中でもミュージアムホテルは、ウチヒサールの高台に建ち、アヴァノス、ギョレメ、鳩の谷、ロースバレーなどの景色を眺めることができる人気の場所です。部屋の壁は石造りで洞窟の中の雰囲気を味わうことができます。調度品がまるで美術館のように飾られています。

カッパドキア周辺に泊まる際は洞窟ホテルを選んでみてはいかがでしょうか。女性人気が高いので彼女や奥さんといっしょに行く際は喜ばれるはずです。ただ、洞窟ホテルは寒いことが多く、虫が出ることもあるようなので気をつけましょう。また、EDの傾向がある人も注意してください。寒いときは交感神経が優位になりますが、交感神経が強く働いていると勃起しにくくなります。EDの心配があるという人はバイアグラなどの薬を持っていくことをおすすめします。ジェネリックも売られているので、ぜひ試してみてください。

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.