グラナダ王国へ

スペインの南部にあるアンダルシア地方にある都市のグラナダは、かつてはイベリア半島にあった最後のイスラム王朝であるグラナダ王国として知られています。このグラナダ王国は約250年にわたって繁栄を続け、栄華を極めました。

現在のスペインの首都、マドリードからはかなりの距離がありますので、観光地としての人気はそれほど高くありませんが、かつてヨーロッパにも存在していたイスラム王朝の面影を知ることのできる場所としてとても高い価値のある遺跡であるといえるでしょう。

グラナダ王国の成立

この王国は当初ローマ帝国に城塞都市として建国されました。しかし、7世紀にキリスト教徒による国土回復運動から逃れるように、イスラム教徒がスペイン南部にこの王国を建国しました。その首都となったグラナダは1492年にキリスト教徒の侵略を受けて滅亡してしまうまで、何と250年以上にわたって栄えていました。

定番スポット

グラナダの定番スポットといえば、やはりアルハンブラ宮殿です。「アンダルシアの宝石」とまで呼ばれたこの宮殿は、イスラム建築の最高傑作との呼び声も高い建造物です。グラナダへ行くのであれば絶対に外すことのできない定番スポットと言えるでしょう。また、グラナダ王国の都市であるアルバイシン地区は当時の街並を肌で感じることのできるエリアとなっています。

観光のポイント

グラナダはそれほど範囲の広いエリアではありませんが、メインスポットのアルハンブラ宮殿を見学するだけでもかなりの時間が必要となります。ですので、最低でも丸一日は予定しておくようにしましょう。

首都のマドリードを旅の拠点とする人も多いかと思いますが、バスで5時間もかかりますので、その間で一泊する必要があるでしょう。ゆったりとした雰囲気の街なので、付近の宿で一泊するのも良いでしょう。カップル旅行で行く際には、この世界遺産の街で夜を過ごすのもロマンティックかもしれません。もし、性機能に自信がない場合は旅行前にED治療薬をクリニックなどで処方してもらっておきましょう。ED治療薬といえば真っ先に思い付くのはバイアグラですが旅行ではバイアグラよりもシアリスというED薬の方をおすすめします。理由は長く効くからです。ED薬は食事の影響を受けやすく飲むタイミングに気をつかわないといけないお薬ですので夜に飲めば次の日の夜まで効いているシアリスは便利です。詳しくはコチラ⇒シアリスの特長や服用方法

スペインの観光地としてはややマイナーな印象を受けてしまいがちなグラナダですが、長い歴史を持ち、貴重な建築物などを擁する都市として、一度は足を運んでみたい都市であるといえるでしょう。

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.