国際貿易の中継点・古都ホイアンへ

ベトナムの中部を流れるトゥボン川の河口にある港町がホイアンです。この地は16世紀から19世紀にかけて中国やポルトガル、そして日本との交易の中継点として発展しました。

幸運なことに、ベトナム戦争の戦渦からも逃れることができたため、多くの文化を吸収して形成された独特の街並が現在も残されています。この点が評価され、1999年には世界遺産に登録されました。

港町としての歴史

古都ホイアンの起源は、3世紀頃にチャム族が起こした小さな王国です。この王国は、海や河口に接するという地形から、さまざまな国の船がやってくるようになりました。これがきっかけとなり、港町としての機能を果たすようになり、やがて東西交易の要港にまで成長しました。

各国の街

世界中からさまざまな人がやってくるエリアですので、次第にその国の特色を持つ外国人街が形成されるようになりました。中国人街、ポルトガル人街、そして日本人街も存在していました。この街並は現在にも残されており、各国の雰囲気を持った建物を楽しむことのできるエリアとして観光客にも高い人気を集めています。

観光のポイント

現在は観光地としてしっかりと整備されているため、見るべき場所もとても多く、とても一日ですべてを楽しむことは不可能でしょう。かなりタイトなスケジュールを組んだとしても、2~3日の日程は用意するようにしましょう。

また、夜になれば定番スポットである日本橋などがライトアップされるため、この地に宿をとり、旅の拠点にするのもおすすめです。日本人観光客が多いため、日本語の案内なども用意されており、海外旅行初心者であっても安心して楽しむことができるでしょう。

アジアにある世界遺産都市の多くは基本的に東洋と西洋の文化が融合したスポットです。この古都ホイアンもそんな場所の一つでしょう。

ベトナムは激しい戦争の影響によって多くの古くからの街並が失われてしまいました。そのような状況の中、美しい形を現在に残しているという意味でも古都ホイアンはとても貴重な存在であるといえるでしょう。

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.