石見銀山遺跡で島根県を満喫しよう!

島根県太田市にある石見銀山。周辺は日本屈指の景勝地としても知られており、2007年6月、石見銀山遺跡と周辺の景勝地がユネスコ世界遺産に認定されました。

「日本一、知名度が低い県」という、不名誉(ある意味で良い宣伝かもしれませんが…)な称号を与えられた島根県ですが、じつは観光客を魅了するスポットが非常に多い県でもあります。

ガイドを頼もう!

その名の通り銀山跡なのですが、いきなり行っても何を楽しめば良いのかわからないと思います。勝手に入っては危険ですし、周辺エリアも景勝地として世界遺産に認定されています。したがって、よほど事前に勉強でもしない限り、適当にウロウロするだけで終わるでしょう。

そこで頼りになるのが「石見銀山ガイドの会」です。石見銀山のスペシャリストたちが、予備知識を持たない観光客を丁寧に案内してくれます。

街並みを歩くコースや街道・山を歩くコースなどに分かれており、街並みを歩くコースで3時間以内を選んだ場合、1グループ最大20人まででわずか5000円でお願いすることが出来ます。

石見銀山ガイドの会のホームページを見れば、料金の一覧表を確認することが出来ます。予算に合わせてプランを選んでおきましょう。

何と言っても海の幸と温泉!

島根県に来たからには、ぜひ玉造り温泉に足を伸ばしてみましょう。中高年のご夫婦にとって最適な旅行の行き先と言えます。

有名な宍道湖のシジミも良いですし、日本海に面していることから、とにかく海の幸が美味しいと言えます。さらに水質が非常に良く、旨い日本酒が多く生産されている県でもあります。

そこから出雲大社へのアクセスも近いですし、出雲に行けば今度は美味しいお蕎麦を楽しむことが出来ます。

いかがでしょうか?石見銀山で悠久の歴史を体験して、新鮮な海の幸と地酒に舌鼓を打つ。もちろん出雲大社を参拝して、周辺に多くある蕎麦屋で旨い蕎麦をすすります。何もないというイメージの島根県ですが、冒頭で述べたとおり、観光客を魅了するスポットや食べ物が多いのも特徴です。

また出雲市は高い建物がないため、非常に空が広く感じられます。普段の都会暮らしで窮屈な生活を送っており、その中でストレスを感じているなら、ぜひ次の旅行先に島根県をピックアップしてみましょう。気楽な一人旅も良いですが、楽しめるスポットが多い分、カップルやご夫婦で訪れても良いと思います。

温泉、美味しい郷土料理、お酒、そして観光スポットがあれば、宿泊先に戻っても会話が盛り上がること間違いないでしょう。男性の中には夜の自信がない方もおられますが、シアリスという治療薬を専門医に処方してもらえば大丈夫です。バイアグラよりも効果の持続性に優れており1泊2日程度の旅なら1錠で充分。しかも副作用が少ないとも言われています。

わかりやすい観光名所がそんなに無い島根ですが、その分ゆったりとした雰囲気でリラックスするには最適な場所。マンネリ化が気になるご夫婦にこそピッタリな場所ではないでしょうか。ぜひ悠久の歴史を感じられる島根県に注目してください!

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.