雄大な自然を誇る知床ってどんな場所?

皆さんは「知床」と聞いて、どのような印象を持たれるでしょうか?たいていの方は「自然が凄い」という印象だと思います。たしかに雄大な自然が広がっているのですが、じつは観光客の方にもっと知床を楽しんでもらおうと、様々なイベントなども開催されています。

そこで、知床の自然を満喫するのを第一の目的として、旅に彩(いろどり)を付ける様々なイベントを紹介していきましょう。

知床ファンタジア

皆さん、知床では「オーロラ」が見られることがあるってご存じだったでしょうか?もちろん自然のオーロラは気まぐれですので、そう簡単に見られるものではありません。

しかし、その素晴らしい感動を何とか再現しようとして始まったのが「知床ファンタジア」です。流氷が押し寄せる寒い知床を、壮大な音楽とレーザー光線がオーロラの風景を作り出します。

もちろん寒いです。しかしその寒さを感動で熱気に変えてしまおうというのが、このイベントの最大の目的と言えるでしょう。

知床雪壁ウォーク

こちらも寒さを逆に楽しんでしまおうという、逆転の発想から生まれたイベントです。知床は豪雪地帯ですが、手つかずの自然が多く眠る場所でもあります。そして高い雪壁に沿って、自然遺産の中をみんなで歩こうというイベントです。

まさに知床ならではのイベントであり、冬の時期にしか体験できないウォーキングイベントです。

羅臼岳山開き

山歩きに自信がある方に朗報です。羅臼岳の標高は1660メートルですが、その山開きの安全祈願イベントに参加してはいかがでしょうか?

山開きは毎年7月の第一日曜日に行われており、それに向けて準備をするのも楽しいでしょう。そして参加者の皆さんと一緒になって、山の安全を祈願してみましょう。

知床しゃりねぷた

知床は青森県弘前市と友好都市の関係にあり、文化交流を通じて知床にもねぷた祭りが広がりました。毎年7月下旬に行われており、本州では暑い季節ですが知床ならちょうどよい気候かもしれません。

昼間は大自然を満喫して、夜はねぷた祭りを楽しむ。そして北海道の山海の珍味に舌鼓を打つのであれば、もう退屈する時間はどこにもありません。

知床産業まつり

職の旅を楽しみたいならこのイベントがオススメです。斜里地方の山海の珍味を楽しむことが出来ます。秋に行われるので、食欲の秋を知床で味わうのも楽しいでしょう。

つかみ取りイベントなども開催されますので、ぜひ旅のプランに入れておきたいところです。

いかがでしょうか?知床の大自然を満喫すると共に、「これも楽しんでおきたい」というイベントを紹介してみました。

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.