メキシコ、神々の住んだ古代都市テオティワカン

テオティワカン文明は、現在のメキシコシティの北東50km付近に、紀元前2世紀頃から紀元6世紀ころまで栄えた文明です。当時は中米最大だったと考えられています。テオティワカン人の持つ神や宇宙についての思想をもとに、計画的に設計した都市が造られました。

太陽のピラミッド

高さ65m。底辺222m×225mの巨大な四角すいのピラミッド。当時はアメリカ地域最大の建造物でした。西側を向いており太陽が正面方向に沈むよう設計されています。現在では壊れてしまっていますが、頂上に神殿があったとされています。

月のピラミッド

高さ46m、底辺150m×140mの四角すいの建物です。太陽のピラミッド同様に、当時は頂上に神殿がありました。建物そのものの高さは太陽の塔よりも低いですが、建てられた場所の標高が少し高いため、頂上位置はほぼ同じとなっています。

死者の大通り 死者の大通り

南北に続く長さ4km、幅45mの大通りです。北側がやや高くなるよう傾斜がつけられています。南側から「月のピラミッド」に向かうと、聖なる山「セロ・ゴルド」がピラミッドに隠れるよう設計されています。

神々の都市と社会階層

植物再生の神シペ・トテック、農業の神ケツァルコアトル、水の神トラロックとチャルチウトリケなどがまつられています。発掘調査から、多数の殉教者やいけにえの儀式が確認されており、高位の神権者が存在し、社会が階層化していたと考えられています。職人居住区が設けられていたことも分かっており、商業と交易が盛んにおこなわれていました。

紀元前50年ころに南方の火山が噴火したことにより、人口流入があったと考えられ、最盛期には20万人が居住したと推定されます。下水網もあり、かなり高度な技術を有していました。町には城壁がなく平和な都市と想像されていましたが、戦士の壁画が発見され、かならずしも外敵がいなかったわけではないとされています。

「テオティワカン」とは、後年にアステカ人が命名したもので、「神々の都市」の意味です。アステカは15世紀から16世紀にかけてメキシコ中心部に栄えた文明ですので、1000年以上の開きがあります。元々のテオティワカン文明人たちが、自分たちをどのように呼んでいたのかはわかっていません。わかっているのは、アステカ人により「神々」と尊敬されていたことです。

中米の最大文明の遺跡町。二つのピラミッドと「死者の道」。神の存在を感じることのできる街を、一度訪ねてみませんか?

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.