海外旅行で持っておきたいお金の種類

海外を旅する上でなくてはならないのが「お金」です。海外旅行者が主に使用するお金の種類は、現金やクレジットカードなど日常で利用しているものから国際キャッシュカードという聞き慣れないものまで、さまざまな種類のものがあります。

海外旅行をするときには複数の種類のお金を持ち歩いておくと安心です。しかし渡航先の国にあったものを選択しないといざというときに使えなかったりしますので、それぞれの特徴を理解した上で組み合わせることが大切です。

「現金」を持っていれば間違いない?

旅行先で皆が必ずといっていいほど持ち歩くお金の種類といえば現金ではないでしょうか。タクシーや電車、バスなどでの支払いなどにとても便利なものですが、盗難や紛失をした場合にはそのお金が手元に戻ってくることはありません。旅行の際には小額の持ち歩きに留めておいたほうがよいでしょう。

このときに持ち歩く通貨の種類はどのようなものがよいのか、悩むところではありますが一般的には米ドルを用意しておけば問題ありません。世界の基軸通貨である米ドルは各国で現地通貨への交換も簡単にできますし、新興国や発展途上国ではそのまま支払ができる場合もあります。

国際キャッシュカードとは

海外旅行に持っていくお金の種類の中で、最近人気になりつつあるのが「国際キャッシュカード」です。渡航先のATMで日本にある自分の口座から現地通貨を引き出すことができるので、旅行中に手持ちの現金が足りなくなった場合などにとても重宝します。

為替手数料やATM手数料などといった色々な費用がかかってしまいますが、旅行用の予備資金として口座を開設しておいても損はありません。

注意点としては、日本で使っているカードがそのままでは使えない場合がありますので事前に確認しておきましょう。また万が一紛失や盗難に遭ってしまった場合には、利用を停止させることができるのでセキュリティーの面でも安心です。

国際キャッシュカードは2014年3月に日本国内でのトラベラーズチェックの販売が全て終了してから、それに代わる手段として注目されつつある比較的新しいお金の持ち方です。

クレジットカード

今や海外旅行の必需品ともいえるクレジットカード。多額の現金を持ち歩かなくて済むためとても便利なものですが、支払いのときに機械がカードを読み取ってくれない場合もあります。そんなときに備えてクレジットカードは2枚用意しておくと安心です。

また海外で買い物をしたとき、その店の店員さんからカードの使用を拒否されてしまうことがたまにあります。その店が取り扱っていないカードで支払いをしようとしたのならば問題はありませんが、そうでない場合には原因としてカードの「利用限度額オーバー」が考えられますので注意しましょう。

出発前に同じクレジットカードでホテルや航空券の手配をしていた場合、出発ときには既に利用限度額がギリギリになっていることがあり、これを知らずに海外でカードを使ってしまうと限度額をオーバーしてしまいます。

このようなことがないよう、出発前の手配に使うカードと現地で使うカードを分けるか渡航前にあらかじめ利用限度額を引き上げておくとよいでしょう。

海外では何がおこるかわかりません。旅行資金を分散させておくことで、万が一のときにそのリスクを最小限に食い止めることできます。また持っていく資金も、渡航先の状況に合った最適なものを持つようにしましょう。

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.