日本初の世界遺産、屋久島。日本人として、どうしても行きたい島です。

九州最高峰の宮之浦岳を始め、1800m、1900mクラスの山々が連なり、「洋上のアルプス」とも呼ばれる火山島です。1993年に世界遺産登録されました。

豊かで美しい自然

ほぼ全域が山地の地形。島の真ん中には「宮之浦岳」。日本百名山の一つで標高1936m。周囲を高い山に囲まれているため海岸部からは見ることができません。他に永田岳、栗生岳、本富岳、国割岳、愛子岳などがあります。

島は直径25kmの花崗岩が隆起してできたといわれています。「月の35日は雨」と言われるほどの日本一の降雨地域であり、激しい雨が花崗岩でできた山を削り、深い渓谷を刻んでいます。放射状に延びる河川は140あまりあり、大川の滝、千尋の滝などの雄大な滝を形成しています。

海からの湿った空気が高い山々にぶつかり雨を降らすため、年中雨が降っています。豊富な流水量に加え、湧き水にも恵まれているため、宮之浦岳の流水は「名水百選」に選ばれました。標高の高い山頂付近では積雪も観測され、日本で最南端の降雪地域ともなっています。

温帯地域であるものの標高の高い山々が連なるため気温が低く、亜寒帯植物も確認されています。なぜか小さい植物が多く、通常は30cmほどのアキノキリンソウも、屋久島では7cmほどにしかなりません。こうした特徴から、屋久島の植物は盆栽としての観賞価値が高く人気があります。

哺乳類の生息数は少なく、シカ、モグラ、ネズミ、イタチ、コウモリしかいません。江戸時代にはジュゴンが生息していたとも言われていますが未確認です。島北部の砂浜はウミガメの産卵地帯となっており、「ラムサール条約」の登録湿地にもなっています。

屋久杉

樹齢1000年以上の杉は「屋久杉」と呼ばれて区別されています。普通の杉の木の樹齢は500年ほどですが、屋久杉は2000年を超えるものが少なくありません。花崗岩の上に生えるため成長が遅く木目が詰まっていることと、雨量が多いため抗菌性の樹脂分が増え腐りにくくなったことにより、樹齢が長くなったと考えられています。有名な「縄文杉」の樹齢は正確には測定されていませんが、2700年から7000年の間と推定されています。

16世紀に大阪城築城のために切り取られたといわれる切り株は、「ウィルソン株」と呼ばれて人気があります。20世紀初めにこの島を調査に訪れた植物学者ウィルソンにちなんでいます。14m近い株の内部には入ることができ、空を見上げるとハート形に見えることでも有名です。

交通手段

鹿児島から飛行機で35分、高速船で2~3時間、フェリーでは4時間で行くことができます。島内は広大なため徒歩での移動は困難です。バスも走っていますが、レンタカーがベターです。タクシーもあります。

日本を代表する大自然の中の世界遺産です。古代の記憶を残す杉の木は、生涯のなかでぜひ一度は見ておきたい自然です。

Copyright(c) 2011 世界遺産の街へ旅しよう All Rights Reserved.